社員・アルバイトの声

チーフ 内田 有美

プロフィール

フロントスタッフとして7年前に住友不動産エスフォルタにアルバイト入社。
その後社員登用される。5年半後、フロントスタッフとしての活躍が認められチーフに昇格。
スタッフ教育の役割も担っている。前職は保育士。

仕事について

チーフの仕事はスタッフ全員の頼れる存在であること

私はエスフォルタ市ヶ谷でフロントを担当しています。
フロントの役割は、店舗を利用するお客様の受付やお会計、新規入会を希望されるお客様へのご案内など、お客様が気持ちよくスムーズに施設をご利用いただけるようにサポートすることです。

チーフになった今は、マネージャーとスタッフを繋ぐ役割も担っています。チーフとして具体的な業務が増えるというより、スタッフの皆さんが仕事をしやすい環境をつくることが大切だと感じています。

プレーヤーとしての仕事は見本となるレベルでしっかり行いつつも、他のスタッフが相談したり、話しかけ易い存在であることを同時に実現したいと日々心掛けています。仕事で困っているスタッフはいないか、不安に感じている事はないか、仕事以外の話を含めて、スタッフ全員となるべく多くのコミュニケーションをとり、相談しやすい環境づくりを積極的に行っています。

仕事の目標

お客様に快適に店舗をご利用いただくために

店舗ではエスフォルタ市ヶ谷を「主体的に動けるスタッフがたくさんいる店舗にしたいですね」と話しています。
「やってね」と指示をして出来るのは当たり前、そこから一歩進んで、自分で考え行動できるスタッフになろう、ということが私たち店舗の目標です。

個人的な目標としては、より店舗をチームとしてまとめていきたいと思っています。この仕事はチームワークが重要です。例えば、入会を検討いただいているお客様が来店された際、フロントからジムにスムーズに引き継ぎが行われ、お客様が快適に施設を見学していただけることにより、入会を決めていただけるものです。

フロントが『司令塔』となり、各スタッフとのチームプレーがあってこそ、お客様が快適に店舗で過ごしていただけると思っています。

仕事のやりがい

より高い成果をチーム全体で達成するために

私がコミュニケーションで大切にしていることは「傾聴・受容・共感」です。
それはスタッフ同士でもお客様に対しても同じです。聞くだけではなく、話の内容を受け止めること。受け止めるだけでなく、自分も一緒に考え、思うこと。以前から意識していましたが、チーフになってからその重要性をより強く思うようになりました。

より大きな仕事をするためにはより多くの仲間が必要です。そしてその仲間が同じ方向を向き、協力しながら前に進むことが必要です。

ひとりでは到底出来ないことでもチームで協力しながらであれば達成出来る。それが仕事の楽しさであり、やりがいです。そして達成に向けてチームをまとめるのが私の役割だと思っています。