社員・アルバイトの声

岩谷明彦 機会と仲間が成長を加速させる

プロフィール

高校時代、大好きな高校野球に携わる仕事を希望し、教師を目指していたが、その野球で足を負傷。野球が続けられるか危ぶまれる大怪我だったが、トレーナーのおかげで野球ができるまで回復。
その経験により、スポーツ選手の怪我からの回復をサポートする、アスレティックトレーナーの仕事に興味を持ち、専門学校へ進学。勉強に励んだ。
就職活動では、フィットネス業界を選び、住友不動産エスフォルタに入社。ジムスタッフを経て、現在はチーフとしてエスフォルタ横浜で活躍している。

機会と仲間が自分の成長を加速させてくれた

チーフになって2年目、ジムのマニュアル改訂プロジェクトのメンバーに加わりました。トレーニング方法や接客など、時代のニーズや最新の理論に合わせて、変えていかなければなりません。

ところが、今まで正しいとされていたマニュアルを簡単に改訂できるものではありませんでした。そこで、プロジェクト担当の他店舗のメンバー7名と、時には電話で、時には文献や資料を誰かの家に持ち寄って、非常に多くの議論を重ねました。
また社内の理論派の上司が求める要素は多く、水準も高かったので、胃が痛くなる思いでした。

その後1ヵ月の検討結果を社内プレゼンした結果、すんなり「OK!」と認めてもらえました。納得してもらうだけの根拠を集める事に、非常に苦労しましたが、仲間と共にその壁を乗り越えることができた喜びは、今でも覚えています。
振り返ってみると、本当に人に恵まれたな、と思います。機会をくれた上司、そして苦労を共にし、一緒に壁を乗り越えた仲間。言葉では言いつくせませんが、この経験があったからこそ、今の自分があるのだと思います。

岩谷明彦

“出る杭は伸ばす”そして、“出る杭を増やす”

入社3年目〜8年目まで、ジムでのトレーナー業務とは別に、新人研修の担当として、ジムスタッフを指導しました。厳しい指導者だったと思います。
私は、できない事に対して怒るのではなく、できるのに手を抜いていたり、やらなかったり、自分から覚えようとしないで教えてもらって当然…という態度の新人には、容赦なく怒っていました。

そんな怖い私に、怒られっぱなしではなく、正面から反論する新人もいました。嬉しかったですね。まるで昔の自分を見ているようで(笑)。もちろん丁寧に説明を重ねていきます。

"出る杭は伸ばす"が私の信条ですから。
しかし、しっかりと向き合うと、その後、伸びるんですよ。そして結果として、出る杭を伸ばす人が私以外にも増えるんです。これがまた嬉しい。やはり言われたことだけではなく、自分で思ったことを発言し、実践できる人は現場では強いですね。その最初の研修を担当するのが私なので、責任重大でした。

尊敬する先輩方を超えることで恩返しをしたい

岩谷明彦

現在は、ジムの現場から少し離れて、店舗マネジメントを勉強中です。人の身体については、誰にも負けない知識・経験があると自負していますが、店舗運営や数字の話となると、まだまだマネージャーと差があります。でも、今まで目の前のことだけを見ていた視野が、店舗全体に広がったようで、楽しさも感じています。

私が考えたトレーニングプランにより、お客様が求めた以上の効果が出た時、お客様と嬉しさを共有できるのは、やりがいそのものですが、最近は、指導した後輩スタッフが、お客様と喜びを共有し、やりがいを感じてくれることが、私のやりがいへと変わってきました。
今後は、尊敬する先輩方を超える事を目標に、これまで培った現場力に加え、マネジメント力を上げていきたいです。それが、教えてもらった先輩方への、最大の恩返しになると考えるからです。

一日のスケジュール

  1. 15:30出社 [遅番] / 引継ぎ確認
  2. 16:00スタッフ研修
  3. 17:00フロントにて入会手続き
  4. 19:00休憩
  5. 20:00ジムにて体験利用のご案内
  6. 23:00閉館業務
  7. 23:30退社

業務風景

岩谷 明彦

スタッフへの研修

岩谷 明彦

トレーニングの案内

休日の過ごし方

アウトドアが好きです。
休みの日には外に出て、自然と触れ合うようにしています。最近は、友人の漁師の手伝いで、海に潜ったりしています。汐の香りや寄せる波、岩場の生き物。海に行くと五感を刺激され、晴れやかな気分になりますね。
BBQもよくやりますが、食事も遊びもやっぱり外だと開放感があっておいしさ、楽しさが倍増です。

アウトドアは、違った角度でいつもとは違う自分を発見できる場なので、これからも続けていきたいです。